熱可塑性プラスチック

熱可塑性プラスチックとは・・・

通常、プラスチックは大別すると熱可塑性と熱硬化性に分類されます。その大きな違いは、その素材自体が熱を加えることにより、軟化方向に変化する物と、化学反応により硬化方向に変化する物の違いがあります。可塑性プラスチックは、前者であり現在もっとも身近に存在するプラスチックの種類です。

材質名 略称 特徴 用途例
アクリルーブタジエンースチレン共重合樹脂 ABS 成形性が良く、着色性、接着性など加工しやすい剛性や寸法安定性などにも優れる 家電製品ハウジングなど
ポリプロピレン樹脂 PP 耐薬品性が良い。成形性には優れるが収縮率が大きいため寸法精度は出しにくい。ブロックタイプは衝撃強度にすぐれ、ホモタイプは電気特性(特に誘電正接)に優れている。 ビールコンテナー、ポリタンクなど
ポリスチレン樹脂 PS(GP) 透明性、着色性が優れ成形性も良い樹脂ですが、衝撃に対しては割れやすく、耐薬品性も弱い面があります。 日用雑貨、照明器具セード
ポリカーボネート樹脂 PC 耐衝撃性・耐熱性があり機械的な強度を持った透明樹脂です。電気的にも性能が良く、寸法安定性も優れています。分子量の大きな物ほど成形性は劣るが寸法の安定性は優れている。自己消火性がある。 レンズ、リレーケースなど
ポリプチレンテレフタレート樹脂 PBT ガラス繊維などの複合材料として用途が多い。電気特性・耐熱性にすぐれている。 電子部品ケース
ポリエチレンテレフタレート樹脂 PET ブロー成形によるボトル材料としてはスタンダード。PBTと同じようにガラス複合材料が射出成形では使われている。耐熱性が良く電気特性が優れている 電子部品、PETボトル
ポリオキシメチレン樹脂 POM 磨耗性に優れ、ギアやプーリーなど摺動性が要求される部品に応用。燃えるとホルマリン臭がつよく,クリープ特性がある ギア、ブッシュ、スペーサーなど
ポリ塩化ビニル PVC もっともスタンダードな樹脂,軟質塩化ビニル/硬質塩化ビニルの2種類がよく使われており,価格も安価。 水道用パイプ、農業用品
PMMA樹脂(アクリル) PMMA 透明な樹脂で耐候性に優れている。光特性も良好。 レンズ、板材料