環境・品質方針

株式会社新木プラスチック工業所は、以下経営理念をもとに、より良い企業活動を行う。

  • 「社会の繁栄に貢献する物作りこそ使命であり、永続することこそ我々の責任である」
  • 「職場を社会生活の原点とし、より良き社会人、技術人の育成を通し、社会への貢献を実践する」
  • 「感謝と報恩の心は、より良き人間関係の源であることを確信し、明るく、秩序正しい生活環境を創造する」

 当社がプラスチック製品の製造を行っていることを踏まえ、事業活動のあらゆる面を通し、地球環境の保全が人類共通の最重要課題であることを認識し、環境・品質マネージメントシステムの有効性を継続的に維持向上するために以下の活動を推進する。

  1. 環境・品質関連の法規制・顧客要求事項並びに当社が同意する協定等を守るため自主基準を設け管理する。
  2. 環境・品質マネージメントの重点項目として以下の活動を展開する。
    1. 工程不良を削減することにより、廃プラスチック及び消費電力量の削減
    2. お客様の製品開発・設計段階での品質・環境問題への提案
  3. クレーム・工程不良について再発防止策の立案・実施・検証を行い、質的向上を図る。
  4. この方針に基づき環境・品質目標を設定し、部署別の実行計画を立案し達成を図る。
  5. この環境・品質方針は、当社内全部門全従業員に周知するとともに一般の人にも開示する。
  6. 2009年 3月1日
    株式会社 新木プラスチック工業所
    代表取締役社長 新木 洋満